森林の匠塾の活動と作品の紹介

 森林の匠塾の活動!!

田森自治振興区の森林の匠塾は、「アート工芸部」「木工工作部」「食彩部」の三部で構成する活動組織で、自然の食材を使ったドレッシングタイプ調味料やカズラを利用した行燈、そして木製の表札、神楽面などの木工品、その他山野の資源や素材を活かした創作活動を行っています。

 

 

『 アート工芸部 』

森林の匠塾アート工芸部では、木の葉のコサージュ製作をはじめ、カズラを使った行燈などの製作・販売を行っています。特に、行燈はカズラの自然な曲線と和紙で作られた独創的な表現美で幻想的な空間を演出することから人気も高く、多くの方に好評をいただいています。

DSC_0011               DSC_0023

 

DSC_0012

 

〇事前にご連絡をいただければ、いろいろな作品を見ていただくことができます。

〇販売価格は、一万円前後ですが作品によって差があります。

 

『木工工作部』

森林の匠塾木工工作部では、地域の木材を利用した神楽面や、表札の製作・販売を行っています。また、「こんなモノを作ってほしい」などのご相談にも応じています。

毎週木曜日に活動していますので、森林の匠の幟旗を目印にお立ち寄りください。

 

DSC_0013   DSC_0018

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ