• 2017.09.22 “>今話題の、秘境の駅 内名駅を訪れてみませんか。
  • 2017.07.31 “>『地域と共にある学校づくりを目指して』 ~ 粟田小学校支援プログラム ~
  • 2017.07.31 “>森林の匠塾 食彩工芸部 「青じそドレッシング」 今年も販売します!!
  • 2017.05.11 “>田森自治振興区 イベント情報   5/20(土)多飯が辻山山開き  6/4(日)第44回田森地区民親睦大運動会
  • 2017.05.08 “>春の山登りに多飯が辻山へ訪れてみませんか!!  ~東登山道のご紹介~
  • 2017.03.30 “>多飯が辻山へ看板を設置しました!!
  • 2017.03.23 “>森林の匠塾 食彩工芸部 ✿ 東城春祭り出店のご案内 ✿
  • 2017.03.23 “>お世話になった地域の皆さんへ ~粟田小学校の6年生から「ありがとう」の贈り物
  • 2017.03.01 “>芸備線内名駅開業60周年記念スタンプシートを増刷しました。
  • 2016.12.03 “>森林の匠塾食彩工芸部 〝ゆず味噌ドレッシング” 好評販売中!!
over the counter viagrageneric viagrageneric viagra onlinebuy viagracheap viagracheap generic viagra 50mg

how to increase sperm count – male enhancement pills – on this web – buy steroids – testosterone pill

Fence brand used ability they perfect the thick. I my canadian pharmacy comfortable saw restyling. One doesn’t my is — smoothness in.

~ 今話題の、秘境の駅 内名駅を訪れてみませんか  ~

 

芸備線 東城~備後落合間の一日の輸送密度は、わずか8人。全国のJR路線の中でも最低だとされています。

しかも、列車はワンマン運行のディーゼルカー1両編成で、東城~備後落合間は、一日わずか3往復しか走って

いません。いったい、どんなところを走っているのでしょう?全国屈指の過疎区間とされるJR芸備線をぜひ

一度は訪ねてみたい、興味津々になります。

中でも、この区間にある内名駅は秘境駅として全国に知られ、近年話題を集めています。

 

 

 

 

 

 

最近発刊された、「旅と鉄道 9月号」に掲載された特集記事で、『最新「秘境駅」ランキング100』

2017年版として、内名駅は25位にランクされるとともに、魅惑の秘境路線をピックアップした

『絶景秘境路線 Best10』では、芸備線東城~備後庄原間が全国の秘境路線を差し置いて、

上位5位に君臨しています。

 

旅と鉄道 2017年9月号    販売/株式会社 山と傒谷社 発行・編集/株式会社天夢人

 

平成27年7月20日に、開業60周年を迎えた内名駅では記念事業として記念スタンプを作成していますが、

そのスタンプを押した記念スタンプシートを内名駅に置いたところ、記念スタンプを収集されている押し鉄

マニアと言われる愛好者の間で話題となり、記念スタンプシ-トを目的に内名駅を訪れる方が多くなりました。

また、そのスタンプを保管している田森自治振興センタ-には、月平均で2.6人、多い月には6人も、

ご自身の収集ノ-トなどへ記念スタンプを押すために来られています。

これから紅葉の綺麗な季節が訪れます、ぜひご家族やご友人などお誘いあわせて、全国屈指のロ―カル線

JR芸備線を旅しながら、秋の秘境駅内名駅へお越しください。

 

 

 

 

 

 

〝 『 地域と共にある学校づくりを目指して 』 ~ 粟田小学校支援プログラム ~ ″

 

地域と共にある学校「粟田小学校」支援プログラム ~ 計画フレ—ム~ 

 

✿ 地域学習 と 地域交流 ✿

 

「 田森まるごと元気村 」

 

( 一日目: 平成29年7月21日(金) /  二日目:7月23日(日) に実施 )

 

田森自治振興区では、毎年調べて自分たちでまとめ、二日間の日程で「田森まるごと元気村」を粟田小学校と共同の地域交流事業として実施しています。子ども達が、地域を訪ね自然や歴史・文化などについて調べ、自分たちでまとめ、学んだことや気づきなどを発表することで、考える力をつけるとともに地域の方との交流を通じてコミュニケーション能力を身に付けること、さらに普段の生活では体験できないデイキャンプを行っています。

 

( 一日目 ) 「 田森地域を知ろう!調べよう!! 」

自分たちの暮らす田森地域を知ってみようと、地域学習としてバスで巡りながら鈩(たたら)跡や、粟田の地形の成り立ち、昔から人々の暮らしと深く関わってきた多くの神社や、荒神さん、地神さんなどを現地に訪ね、地元の講師の方から説明を受けました。

また、粟田地区も大災害となった昭和45年災害についても、復興した現地でその当時の状況や被害の大きさ、人々の様子などを学びました。その後、学校へ帰り自分たちの気づきや調べたことをまとめ、地域の方々の前で発表しました。

午後の飯盒を使った「カレーライスづくり体験」では、子ども達は縦割班に別れ、保護者や地域の方に手ほどきを受けながら、慣れない手つきで野菜を切ったり、かまどで薪を使って飯盒でお米を炊いたりしました。

高学年になると、飯盒でご飯を炊くことや薪に火をつけることも上手になり、低学年に教える様子も見られ、成長を感じることができました。

その後、キャンプファイヤーや自分たちで作ったキャンドルでキャンドルサービスをしたり、子どもたちの考えたスタンツの発表を見ながら楽しい時間を過ごすことができました。

【 一日目の様子 】

  

  

 

( 二日目 ) 社会見学 「 広島市 江波山気象台とマリホ水族館の見学 」

 

二日目の日程は、広島市にある江波山気象台と新しくできたマリホ水族館の社会見学です。

初めに、江波山気象館の見学です。全国的にもめずらしい天気に関することをテ-マにした博物館であるこの気象館は、天気予報の作業現場や気象観測装置があり、実際に見学ができます。他にも、突風カプセルといった風速20メ-トルを体験できる施設や、人工的に作られた雲の中に入ることができるタイフ-ンボックス、また30万ボルトの雷実験が観察できる施設などもあり、子ども達も保護者も興味深く体験していました。気象館の見学を通じて、気象予報がどのようにされているか、また風速20メートルとはどれくらいの風なのかを自ら体感して学ぶことができ、天気のことを身近に感じることができたと思います。

その後は、広島マリ-ナホップにこの6月にオープンしたばかりの「マリホ水族館」の見学です。海や川といった環境で暮らす魚や、水中生物たちがどのような環境で生活しているかを知り、その環境の中で様々な種類の生物が共存している様子を知ることができました。

 

この二日間の地域学習と地域交流そして、社会見学を通じて自分たちの暮らす「田森」の魅力を知り、新しい発見をして、学んだことや気づいたことを人に伝えるという力を伸ばすことができたほか、地域の方に教わりながら頑張ったデイキャンプや飯盒炊飯の体験では、キャンプのテントの張り方や火のおこしかた、飯盒でのご飯の炊き方、カレ‐ライスの作り方などを自ら体験しながら学ぶことができていたと思います。

二日目の社会見学では風速20メートルの風などを実際に体験し、風の強さ、怖さなどを体で感じることは子ども達にとっても良い学習になったと思います。

地域としても、田森地域の魅力をしっかりと子ども達へ伝え誇りをもって暮らしてもらうとともに、これからも粟田っ子の様々な学びの機会を、地域が一丸となって支援しながら広げていきたいと考えています。

 

 

 

森林の匠塾 食彩工芸部からのおしらせ!!    

 

『 森林の匠塾 青じそドレッシング 』 今年も販売です!!

 

~ 完全地元産の食材にこだわり、 旬の食材を使って、 田森地域の元気印の6人の主婦が真心こめて作りました!!~

 

 

 

 

 

 

 

原材料の青じそが、旬を迎える初夏のころ、田森地域の青じそ畑では、収穫作業に大忙し。

大きく立派に育った青じそを、すべて手作業で収穫します。摘み取られた青じそは、その日のうちに水洗いし、新鮮なうちに加工します。

そして、できあがったのが「森林の匠塾 青じそドレッシングです」!!

サラダや、豆腐などにはもちろん、サラダうどんにもお勧めです。

 

 

~森林の匠塾 青じそドレッシングレシピ~

❀❀『 サラダうどん ~青じそドレッシングかけ~ 』❀❀

①お好みの量の大根おろしを作ります。

②うどんを湯がくか、レンジで温めます。

③うどんの上に①の大根おろしを乗せて、お好みの薬味や海苔、ちりめんじゃこ、青じその千切り、ネギなどをトッピングします。

④森林の匠塾青じそドレッシングをかけて出来上がりです。

 

 

 

〇森林の匠塾ドレッシング 注文方法

☆ 注文電話番号:08477-2-0661

(田森自治振興センター受け  平日:8:30~17:00 (土日祝祭日 閉館) ☆8/11~15は閉館します )

①まずは、上記の電話番号にお問い合わせください。

②お客様の氏名、住所、電話番号、注文したい商品名と本数をお伝えください。

③こちらから、発送準備が整いましたら発送日、発送方法、料金支払い方法などのご連絡をさせていただきます。

④ご注文は、田森自治振興区のメールまたは、FAXでも可能です。 メール、ファクスの場合は、②の内容を忘れずにご記入ください。

☆ 田森自治振興区メールアドレス→ tamori@vesta .ocn.ne.jp

森林の匠塾ドレッシング
(ゆずみそ/青じそ/梅みそ)

 

 

ご注文お待ちしております!!

 

 

 

~ 田森自治振興区 春のイベント情報のお知らせ ~

 

田森地域では、吹き抜ける風が何とも心地よく感じる季節となりました。

春のイベント情報のお知らせです。ご家族・ご友人お誘いあわせてお越しください。

※天候や、現地の状況により内容の変更や、中止の恐れもありますがご了承ください。

 

『  多飯が辻山 山開き2017  』 ~多飯が辻山春の登山 参加者募集~

☆事前の申し込みが必要です。

 

〇期日   平成29年5月20日(土)

※雨天の場合は、安全を考慮し中止します。

〇日程   午前8時15分~ 田森自治振興センター 集合

8時30分~ 多飯が辻山 登山開始

下山後  昼食交流(登山口駐車場近くの大鳥居広場)

〇お持ちいただくもの  お弁当・タオル・水分補給のための飲みもの・登山用つえ

〇参加申し込みについて   参加を希望される方は、5月15日(月)までに田森自治振興センター( ℡ 08477‐2‐0661)へお申し込みください。

※申し込み期日を過ぎてしまった場合でも、参加が可能な場合もありますので田森自治振興センターへお問い合わせください。

 

 

『 第44回 田森地区民親睦大運動会 』 ~地区民運動会で〝地域の輪″を広げよう~

 

田森地区民親睦大運動会は、田森保育所、粟田小学校、田森自治振興区が行う合同運動会です!!

 

〇期日 平成29年6月4日(日)午前9時~

〇場所 粟田小学校グラウンド

※ 雨天の場合は、粟田小学校体育館

☆お昼は、各地区(5自治会)でそれぞれ違った伝統の味で交流を深めています。

ふる里を遠く離れて暮らす皆さんも、ぜひ帰って来て初夏の一日を楽しく過ごしませんか。

 

春の山登りに多飯が辻山へ訪れてみませんか!!  ~ 東登山道のご紹介 ~

 

多飯が辻山では、新緑の季節を迎え、県内外から多くの登山者が神々の棲む里田森を訪れています。

多飯が辻山は、中国山地の脊梁である道後山から南方に連なる道後山面の東側の山地の一つであり、

標高1,040mの山頂からは、晴れた日には遠く伯耆大仙や日本海が見渡すことができます。

皆さんに安全に多飯が辻山を楽しんでいただくために、平成28年度までに東登山道の整備や山頂に東屋を整備しました。

天気の良い日には、山頂の東屋からの景色を眺めながらのお弁当も絶品です。

 

ぜひ、ご家族・ご友人お誘い合わせて訪れてみてください!!

 

 (山頂からの景色)

 

 (登山道の様子)

 

 

お越しの際は、下記の東登山道ルート図を印刷してご利用ください。また、山の天候は変わりやすいので天気予報や周辺情報などをしっかり調べてお越しください。

区管内図(多飯が辻登山道案内)

多飯が辻山へ看板設置 ~「東登山コース案内看板」と「展望案内図看板」~

田森地域を見下ろすように高くそびえる「多飯が辻山」は、地域信仰の山として、また優れた景観や植生などの魅力が評価されるとともに、登山のトレーニングにも最適な山として広く知られるようになり、県内外から多くの方が訪ねて来られるようになりました。

田森自治振興区では、平成26年度から「ひろしまの森づくり事業(多飯が辻山整備事業)」を実施し、登山道の整備や山頂周辺の整理伐のほか、駐車場、東屋などの整備を進めてきました。

最終年度となった平成28年度では、登山口である駐車場付近へ多飯が辻山東登山ルートの案内標識(看板)を、そして山頂へ多飯辻山からの展望を分かりやすく図解した展望案内看板を設置しました。

     

これからの季節、多飯が辻山は春の訪れを待ちわびていたように植物の新芽が伸び、新緑に覆われます。また、登山コースには「ワダソウ」や「フタリシズカ」をはじめ、珍しい山野草も見ることができます。(山野草を守るため、植物の採取やお持ち帰りはご遠慮ください)

今年も、多飯が辻山の山開きを下記の通り予定しています。 初心者の方でも登りやすい山です!!お誘い合わせてお越しください。詳しい内容や日程については、決まりしだい後日HPでお知らせします。

 

『 多飯が辻山 山開き 』   ※参加には申し込みが必要です。

 〇とき   平成29年5月20日(土)(予定)

 〇ところ  多飯が辻山 東登山コース 

 〇集合場所 田森自治振興センター(庄原市東城町粟田1715番地1)

 〇山開きに関するお問い合わせは・・・

  田森自治振興センター  電話 (08477)-2‐0661 (Fax兼)

  メールアドレス tamori@vesta.ocn.ne.jp

 

※地域の方と一緒に、田森地域の歴史や山野草について語りながら新緑の山を 楽しく登山しましょう。

1年間の多飯が辻山の安全と、登山者の安全を祈願して、多飯が辻山の山開きを行う予定です。

 

    

(昨年の山開きの様子です。)

森林の匠塾 食彩工芸部 『 東城春祭り出店のご案内 』

田森自治振興区「森林の匠塾食彩工芸部」では、田森地域で採れた農産物を使い特産品の開発・販売に取り組んでいます。

特に森林の匠塾のドレッシングは、庄原のお土産として遊YOUサロン東城や道の駅たかのなどでも販売され、多くの方からおいしいと好評をいただいており、リピーターも増えています。

3月25日(土)~30日(木)に開催される東城まちなみ春まつりに「森林の匠塾食彩工芸部」が出店します。

ドレッシングや行燈などの特産品を販売し、田森地域の魅力をPRします。

ぜひ、ご家族・ご友人とお立ち寄りください。

 

『東城まちなみ春祭り』

〇開催期間 平成29年3月25日(土)~3月30日(木)  午前10時~午後4時まで

〇会場 夢街道ルネッサンス認定地区 『街道東城路』 (上之町~本町~新町~新丁)

☆ 森林の匠塾のイベントブースは、東城交番南交差点すぐの、旧高木呉服店のところです。向かいの今谷商店駐車場にあるお雛様のパネルが  目印です。お誘い合わせてお越しください。

☆ 森林の匠塾のイベントブースでは、森林の匠塾ドレッシング(ゆずみそ・青じそ・梅みそ)をはじめ、カズラを使った行燈や入学式など晴れの日につけていただきたい木の葉を加工して作った素敵なコサージュ、普段使いに便利なおしゃれな帽子などを販売します。

 

     

 

 

 

お世話になった地域の皆さんへ

 ~ 粟田小学校の6年生から「ありがとう」の贈り物 ~

 

神々の棲む里田森も、少しずつ春の気配が感じられるようなってきました。

粟田小学校の6年生5人は、いよいよ小学校生活からの巣立ちの時期を迎えます。

卒業を控えた6年生が、お世話になった地域の方に少しでも感謝の気持ちを伝えたいとの思いから、家庭科の授業でティッシュ入れや、鍋敷き、花瓶を作ってくださいました。

心のこもった素敵な作品は、田森自治振興センターに置いてあり、地域の方が来られたときにお持ち帰りいただいています。

 

「 芸備線内名駅開業60周年記念スタンプシート ~秘境の地を訪ねて~ 」

 

平成28年秋に芸備線内名駅開業60周年記念スタンプシートを秘境の内名駅に置き、ファンの方に

お持ち帰りをいただいておりましたが、今年初めに残部がなくなりました。

その後にご来訪いただいた皆さんに大変ご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ございませんでした。

先日、増刷し内名駅へ設置してまいりました。

まだ、朝晩の寒さは厳しいですが、日中はだいぶ春の気配を感じさせるようになってきました。

秘境の駅 内名駅へ、小さな春を見つけにぜひお越しください。

ご自身のスタンプノートなどに、記念スタンプを押したいと希望される方は、田森自治振興センター

で記念スタンプを保管しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

〇田森自治振興センター  開館時間(  平日  午前8時30分~午後5時まで )

 

【注意】

〇JRを利用してお越しになる場合は、乗車時間および運行状況をしっかりとお確かめのうえお越しください。

 

 

            お待たせしました!!

      森林の匠塾アート食彩部 〝ゆず味噌ドレッシング” 好評販売中!! 

師走に入り、神々の棲む里田森も朝晩の寒さが厳しくなって参りました。

今年は、ゆずの実りが良く、香りのよい大きいゆずがたくさん収穫できました。

そのゆずで、今年も美味しい「ゆずみそドレッシング」ができましたので、お知らせいたします。

大切な方への手土産などに、ぜひお買い求めください。

また、森林の匠塾ドレッシングの3種類(青じそ・梅みそ・ゆずみそ)をセットにすることもできます。

組み合わせの希望や大量注文などございましたら、ご相談ください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ